アレクサンドリア 概要

アレクサンドリア 概要

 

カイロに次ぐエジプト第二の都市、最大の海港を持ち、アレクサンドリアは地中海の真珠と呼ばれており、首都カイロからは北西約208キロに位置します。

 

現存する資料から、アレクサンドリアが紀元前332年頃アレクサンダー大王によって小さな漁村、ラコティスの遺跡の上に建設されたと推察されています。

アレキサンダー大王は世界で最も素晴らしい首都の一つに数え上げられるような都市を造るために、この地を選び、自身の名を付けて歴史に名を刻むふさわしい街をつくり、地図にその名を残しました。有名なクレオパトラとアントニウスの激しい恋の舞台ともなります。

 

ギリシャ・ローマ時代の約1000年間ほどエジプトの首都として、戦略的にも地中海と紅海を結ぶ貿易には最高の立地条件であったことから大いに栄えました。スエズ運河が完成後の19世紀以来、商業・海運業の中心地となり、ギリシア、 イタリア、レバントからの移民たちにより、商業とコスモポリタンで自由な雰囲気が持たされています。

約20kmのヤシ並木の遊歩道、瀟洒なホテル、裸足にやさしい砂浜が広がるビーチ、美しく整えられている庭園がアレクサンドリアの特徴です。

エジプトの他の地域とは異なり、暑すぎない夏、あまり冷え込まない冬、心地よく穏やかな春と秋の気候は中東のサマーリゾート地として人気があります。そして多国籍の雰囲気が地中海らしさをかもしています。

 


アレクサンドリア 概要

お問い合わせ

トラベルハーモニー

個性派の陸旅倶楽部

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ