エレファンティネ島

アスワン最古の住居址とも言われています。古代要塞でもあったエレファンティネ島はナイル川を二つの水路に分けています。牡羊の頭を持つクヌム神に捧げられた神殿があります。神殿の南側には古代エジプトの王の衣装をまとったアレクサンダー2世が神に供物を捧げている場面が描かれています。 神殿の北側には、プトレマイオス7世(紀元前2世紀)の神殿や、セティ1世とラムセス2世を描いた神殿があります。

アスワン博物館は、この島のカタラクト・ホテルを臨む東岸にあります。この博物館にはアスワン地方とヌービア地方で発見されたグレコ・ローマンの遺物が多く展示されています。

この島にはローマ時代にさかのぼるナイロ・メーター(ナイル川の水位を測定するための階段)があります。紀元前200年ごろに地球の円周率をはじき出すのに用いられたことでも有名です。

もとは古王国時代に建てられたクヌム神殿や、 ギリシャ・ローマ時代のネクロポリス、さらにハトシェプスト女王によって建てられたサテト神殿もあります。


お問い合わせ

トラベルハーモニー

個性派の陸旅倶楽部

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ