オールドカイロ

オールドカイロ

カイロ地下鉄のマリ・ゲルゲス駅前です。世界遺産に登録されていて、紀元後5世紀から7世紀にかけての教会とモスクが沢山あります。静かなオールド・カイロの道を歩きながら、一般に公開されているモスクや教会には自由に入場できます。

エジプトの最も古い教会とモスクがあり、4世紀に建てられたハングング教会と7世紀に建てられたアムルモスクはエリアのハイライトです。近くにもユダヤ教の教会(シナゴーグ)が位置して、旧約聖書の出エジプト記の中心舞台だと考えられています。

ムアラカ教会は4世紀にもっと年代が古いローマ時代のバビリオン要塞の上に建てられています。修復された教会で、中に古い聖族のイエスと聖マリアの肖像画や聖人の遺骨などが残っています。又、教会の近くにはコプト博物館があり、エジプト全土の教会や修道院から発見された遺跡が展示されています。館内に撮影が禁じられ、カメラの持ち込みも出来ませんので、入り口の係員に預けておいてください。

7世紀の半ばごろにイスラム教徒がエジプトに侵入してきて、国家の正式宗教はだんだんキリスト教からイスラム教になりました。アムルと言うイスラム教徒の将軍がグレコローマン時代中の首都、アレクサンドリアの代わりに現代の首都、カイロのところに新たな都を建てたのです。その中心には自分の名前をつけて、モスクを建てたのです。エジプトの最も古いモスク、アムル・ムスクと言います。歴代の支配者たちに何回も拡大され、修復されました。現代、エジプトの中で2番目広いモスクだと言われています。モスク入場の時、靴を脱ぎ、女性の方もスカーフを被る必要があります。


オールドカイロ オールドカイロ オールドカイロ

キリスト教徒のお墓

キリスト教徒のお墓

キリスト教徒の墓地入り口

オールドカイロ オールドカイロ オールドカイロ

教会の入り口

ハングング教会(4世紀)

教会の肖像画

お問い合わせ

トラベルハーモニー

個性派の陸旅倶楽部

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ