エル・アズハル・モスク

エル・アズハル・モスク

エル・アズハル・モスクはカイロで三番目に古いモスクで、972年にゴハルによって完成されました。その名前は「花開くもの」を意味します。

988年にファーティマ朝はここにイスラム大学を創設しました。かつて伝統的な科目、すなわちクルアーン(イスラムの聖典)、イスラム法、アラビア語がここで教えられましたが、今日カリキュラムは人文科学と自然科学も含みます。

エル・アズハルは二万人の学生と二千人の教授陣を擁する最大のイスラム大学であり、すぐれた教育機関であるという評判を保ち、ムハンマドの教えの研究と解釈の中心地です。クルアーンを暗記している12~16才の少年なら誰でもこの大学の学生になる資格があります。

11年間学んだ後、予備試験に合格した学生は初等イスラム学校の先生あるいはモスクの下級官吏になる機会があります。
17年間学んだ後卒業証書を獲得した学生はイスラム大学で教える資格があります。全イスラム諸国からこの大学へ集まってきた学生達は、かつては国籍によって分けられ、中庭に隣接する寄宿舎に収容されましたが、今日では彼らは近くのモスクや下宿に住まわせられます。このようにアズハル大学への道はすべての正統派のイスラム教徒たちに開かれています。


エル・アズハル・モスク エル・アズハル・モスク エル・アズハル・モスク

エル・アズハル・モスク エル・アズハル・モスク エル・アズハル・モスク

お問い合わせ

トラベルハーモニー

個性派の陸旅倶楽部

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ