ムハメッド・アリ・モスク

ムハメッド・アリ・モスク

ムハメド・アリ・ムスクには二本の細長いミナレットと段々と高くなるいくつかのドームがあります。
モスクはシタデルの巨大な壁の上の王冠に似ています。それはトルコ人建築家によって1830-57年に建てられました。彼はトルコのモスクで使われた様式でそれをデザインしました。

この様式はイスタンブールのハギア・ソフィア(ビザンティン)の基本設計図に慣れるための努力によって決定され、偉大なオスマン帝国の建築家シナンの影響を受けました。中庭は丸天井の列柱アーケードに囲まれ、その中央にはフランス帝国様式で装飾され、8本の柱でドームの屋根が支えられた泉亭があります。

モスクの主要な部屋は鮮やかな色で彩色されています。主要なドームはこの部屋の4本のアラバスター製の柱によって支えられています。主要なドームは窓のある回廊の上にあり、4つの半ドームに囲まれています。このモスクは壁がアラバスターで覆われ、窓がアラバスターでできているので、アラバスター・モスクとしても知られています。ムハンマド・アリの墓は入口の右の小さな丸天井の部屋の中にあります。


ムハメッド・アリ・モスク

モハメド・アリ・モスク

お問い合わせ

トラベルハーモニー

個性派の陸旅倶楽部

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ