エジプト考古学博物館

エジプト考古学博物館

カイロ中心のタハリール広場にあります。建築開始は1898年に始まり、1902年に完成されました。
この博物館の創立者はフランス人のオゲスト・マリェットは19世紀の半ばごろに遺跡の研究と発掘のためにフランスからエジプトに派遣された。エジプトの歴史や遺跡に大変興味を持ち始め、独断で遺跡の発掘を取りかかりました。マリェットの遺書通りに博物館の中庭には彼のために記念のお墓が作られています。

エジプトの最も大きな博物館で、展示物の数も一番多いのです。50万点ぐらいの展示物があり、中庭と2階建ての建物の中に展示されています。

エジプト全土から発見された遺跡や財宝が多く、建物の一階は時代別に、二回は種類別に展示されています。カイロ博物館の観光で歴史の旅も出来ると言われています。エジプトのピラミッドが建てられた古王国時代から、エジプトは帝国になった新王国時にかけての優れた王達、女王達、神々の姿が見られます。

2階には博物館の中で最も有名なツタンカーメンの財宝が展示されています。
ルクソールの王家の谷から完全な形で発見された若い王のお墓の財宝の数は3000点ぐらいあります。黄金のマスクや黄金の棺、王のミイラにつけられたアクセサリーが特別の部屋に展示されています。

王達や女王たちのミイラは別の入場券が必要なミイラ室に安置されています。

館内の撮影は禁じられて、カメラも持ち込みも出来ませんので、入場券売り場の近くにカメラを預けるところがあります。


エジプト考古学博物館

エジプト考古学博物館

お問い合わせ

トラベルハーモニー

個性派の陸旅倶楽部

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ