シワ オアシス 

シワ オアシス 

シーワ・オアシスは砂漠を旅する人に人気のオアシスです。独特の雰囲気のあるオアシスで、心身ともにリラックスできる魔法の場所です。
マルサ・マトルーフの南西300kmにあり、普通車で行くこともできます。「偉大なる砂の海 グレート・サウンド・シー」と呼ばれる大砂漠の端に位置し、紀元前331年アレクサンダー大王がアモン神の神託を受けた土地としても知られています。

シーワの人々は独特の文化、習慣を持ち、アラビア語よりもベルベル系の言語であるシウィを話します。多くの女性は現在でも伝統的な衣装と、この町にあるシーワ伝統博物館に陳列されているような銀の装飾品を身につけています。 ここは今でも装飾品、敷物、バスケット、民族衣装、古銭を飾り付けた独特の飾り物を買い求める最高の地です。

元来はアグルミ地域がこのオアシスの居住中心地でしたが、人々は1203年にシャリへ移りました。 この要塞のような様相の町シャリの建物はカルシフと呼ばれる塩まじりの泥でできています。

 

豊かなヤシの林、塀に囲まれた庭園やオリ-ブ園、さらに多くの清らかな泉や塩の湖などに囲まれた現在のシーワの町は、古代シャリの町の遺跡の麓に位置しています。 この旧市街の跡地を抜けて丘を昇って行けば、オアシス全体の壮大な景色を眺めることができます。

 

付近の遺跡や温浴地へは徒歩、レンタサイクル、カレッタと呼ばれるロバ車で訪れることができます。 主な遺跡は、壁画や碑文が残っているジェベル・アル・マウタ(死者の丘)にある第26王朝の墳墓や紀元前550年頃のアモン神の至聖所近くにはアメン神殿や泡立った温水の中で現在でも入浴が可能な有名なクレオパトラ鉱泉もあります。

その他の温浴地としては、ビルケット・シーワの塩の湖にあるファトニス島で、ヤシの木々や美しい景色に囲まれての温浴を楽しむこともできます。

 

アモン神殿(神託の神殿)

古代エジプト末期王朝時代に建てられた神殿です。至聖所の中にアモン神など、神々のレリーフが見られます。紀元前331年にアレクサンダー大王がエジプトの王として即位するためにこの神殿へ詣でたことで有名です。

神託の神殿に詣でたアレクサンダー大王は、彼の質問に答えるように求めた(私は世界を支配するか)と言う問いに対しての答えは(できる。ただし短い間だけ)であったと言われています。

 

死者の山

古代エジプト末期王朝時代からグレコローマンの時代にかけてのお墓。もともとは完璧な形で残っていたこれらのお墓も、残念ながら第二次世界大戦中イタリア軍がシーワを空爆したとき、防空壕として使用され、破壊されてしまいました。きれいに残っているのはシ・アモンのお墓とクロコダイルのお墓と二ベルバトゥートのお墓である。


シワ オアシス  シワ オアシス  シワ オアシス 

お問い合わせ

トラベルハーモニー

個性派の陸旅倶楽部

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ